ホンダ トシアキ   HONDA TOSHIAKI
  本多 敏明
   所属   淑徳大学  コミュニティ政策学部 コミュニティ政策学科
   職種   准教授
 学歴
1. 1999/04~2003/03 岩手大学 人文社会科学部 人文社会科学科 卒業 総合科学士
2. 2003/04~2005/03 淑徳大学大学院 社会学研究科 社会学専攻博士前期課程 修士課程修了 修士(社会学)
3. 2005/04~2008/03 淑徳大学大学院 総合福祉研究科 社会学専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
4. 2011/09
(学位取得)
淑徳大学大学院 博士(社会福祉学)
 現在の専門分野
社会学, 社会福祉学 (キーワード:包摂と排除、コミュニケーション、相互浸透、地域ケア) 
 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2007/11 臨床と教育のつながりを求めて
2. 2009/09 市民参加型地域緩和ケアシステム『家で死ねるまちづくり』の開発
3. 2010/03 市川市・浦安市・船橋市を中心とした「企業等への認知症に関するアンケート調査結果」報告集の監修
4. 2013/01/17 千葉県立船橋二和高等学校での模擬授業
5. 2013/02/07 東京文理学院高等部での模擬授業
全件表示(20件)
 著書・論文歴
1. 論文  (博士論文)社会福祉研究における「包摂/排除」図式の射程 (単著) 2011/09
2. 著書  『臨床社会福祉学の展開』 (共著) 2015/05
3. 著書  『コミュニティ政策のはなし』 (共著) 2013/03
4. 著書  『新・よくわかる福祉事務所のしごと』 (共著) 2013/08
5. 著書  『医療なくして子育てできず 地域医療と少子化対策』 (共著) 2013/04
全件表示(19件)
 講師・講演
1. 2013/10 マクロな視点からみた社会的排除とコミュニティ(淑徳大学池袋サテライト・キャンパス)
2. 2013/11 「無理をしない」生き方としての行動科学?(岩手大学人文社会科学部)
3. 2014/06 居場所と出会いのある地域づくりの取り組み
 学会発表
1. 2004/11 社会福祉とルーマン理論(第21回現代行動科学会大会自由報告)
2. 2005/06 地方都市における高齢者介護の現状と課題(第15回淑徳大学社会福祉学会大会自由報告)
3. 2005/07 社会的援助とルーマン理論(第52回東北社会学会大会自由報告)
4. 2006/06 地域ケア・システムの形成の社会的条件(第16回淑徳大学社会福祉学会第大会自由報告)
5. 2006/07 機能分化社会における社会的援助の問題(第53回東北社会学会大会自由報告)
全件表示(20件)