タナカ カズヒコ   TANAKA KAZUHIKO
  田中 一彦
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 実践心理学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   教授
 学歴
1. ~1972/03 立教大学大学院 社会学研究科 応用社会学専攻修士課程 博士課程修了 社会学修士
2. ~1970/03 立教大学 文学部 心理学科 卒業
3. ~1976/03 立教大学大学院 社会学研究科 応用社会学専攻博士課程 修士課程単位取得満期退学
 所属学会
1. 1970/06~ 日本心理学会
2. 1970/12~ 日本理論心理学会
3. 1973/05~ 日本社会心理学会
4. 1982/07~ 日本人間性心理学会
 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2016/08/02 「原理としての『トギヤザーウイズヒム』」(淑徳大学創立50周年記念論集刊行委員会(編)、学文社)(再掲)
 著書・論文歴
1. 著書  方法論からの心理学(日本社会心理学会編<社会心理学選書4>) (単著) 1982/10
2. 著書  メタファーの心理(現代のエスプリ 第286号) (単著) 1991/05
3. 著書  主体と関係性の文化心理学序説(淑徳大学社会学部研究叢書4) (単著) 1996/03
4. 論文  心理学的認識の基礎について (単著) 2010/03
5. 著書  心理学(新体系看護学 基礎科目) (共著) 2006/12
全件表示(36件)
 学会発表
1. 1973/10 S・Tにおける認知変容測定の試み・その1-時間体験の変容を中心とした方法論的研究-(日本社会心理学会第14回大会)
2. 1982/11 心理学における主体概念の基礎(日本理論心理学会第28回大会)
3. 1987/10 実験と臨床との交差(日本心理学会第51回大会)
4. 1989/11 空間の異方性について-変換視による検討(Ⅰ)-(日本心理学会第53回大会)
5. 1990/06 空間の異方性について-変換視による検討(Ⅱ)-(日本心理学会第54回大会)
全件表示(8件)