ノダ ヨウコ   NODA YOKO
  野田 陽子
   所属   淑徳大学  コミュニティ政策学部 コミュニティ政策学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 社会福祉学専攻
   職種   教授
 学歴
1. 1977/04~1979/03 中央大学大学院 文学研究科 社会学専攻博士前期課程 博士課程修了 文学修士
2. 1979/04~1984/03 中央大学大学院 文学研究科 社会学専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
 現在の専門分野
逸脱行動論, 社会病理学 (キーワード:学校化社会 学歴化 資格化 格差社会 犯罪 非行 逸脱観(犯罪観・非行観) 虐待現象 ドメスティック・バイオレンス) 
 著書・論文歴
1. 著書  現代病理の社会学 (共著) 1983/04
2. 著書  高齢化社会年鑑 '84 (共著) 1984/02
3. 著書  高齢化社会年鑑 '85 (共著) 1985/12
4. 著書  教養の家族社会学 (共著) 1992/04
5. 著書  成熟社会の病理学 (共著) 1993/04
全件表示(23件)
 学会発表
1. 1978/10 societal reaction と social control との概念的峻別と連関構造(日本犯罪社会学会第5回大会(於 大阪市立大学))
2. 1980/02 逸脱行動における control の位置づけの再検討(関東犯罪社会学研究会(於 科学警察研究所))
3. 1983/10 生きがい志向の展開と家族―「生きがいと創造の事業」第3回調査を通じての社会学的考察(日本老年社会科学会第25回大会(於 仙台市戦災復興記念館))
4. 1985/02 三世代家族における高齢者の地位と役割―総務庁調査に基づく同居者構成別観点からの考察―(家族問題研究会(於 大正大学))
5. 1985/09 ウィーンにおける高齢者の社会関係(日本老年社会学会第27回大会(於 全共連ビル))
全件表示(15件)