イケハタ ミエコ   IKEHATA MIEKO
  池畑 美恵子
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/03
形態種別 学術論文
標題 Ⅰ層 初期感覚の世界の発達理解-知恵の発達と自己像の読み取りを中心に-
執筆形態 単著
掲載誌名 発達臨床研究
掲載区分国内
出版社・発行元 淑徳大学発達臨床研究センター
巻・号・頁 37,1-10頁
著者・共著者 池畑美恵子
概要 発達初期段階にある子どもたちの育ちの姿を、知恵の発達と自己像の読み取りを軸に整理し、かかわりの基本的手立てを4点挙げた。発達初期段階の支援では、感覚の受容域を拡げ、自発的な対物操作に向かうプロセスがメインストリートではあるが、その自発性の基盤にある自己・自己像のあり方も見落としがちであるが、重要である。本稿では初期の知恵の発達を感覚入力水準、感覚運動水準、知覚運動水準の順に整理し、自己像については2つの段階に区分しその読み取りを整理した。