イケハタ ミエコ   IKEHATA MIEKO
  池畑 美恵子
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/03
形態種別 学術論文
標題 初期段階の子どもの事物操作と空間認知に関する事例研究ー発達心理臨床の立場からー
執筆形態 単著
掲載誌名 発達臨床研究
出版社・発行元 淑徳大学発達臨床研究センター
巻・号・頁 23,26-36頁
概要 外界の視覚的把握や、目的的な移動が困難なダウン症児の2年間の療育経過を、事物操作、空間の把握、移動・探索の発達的変化を指標に検討した。対象児は事物操作に関する認知に比べ、空間の把握や空間の移動に困難さをもつ子どもであった。取り組みでは、「運動(手)を起こして目を使うこと」を課題とした。その結果、①手ごたえのある事物操作を十分に経験し、手の操作性の有効性を見いだすことで、目との手の協応性が高まり、物へのかかわりが広がること。②①の変化は、向かい合う相手の動きにも目を向けることにつながり、そこでの人との関係の促進に貢献することが明らかとなった。