ホンダ トシアキ   HONDA TOSHIAKI
  本多 敏明
   所属   淑徳大学  コミュニティ政策学部 コミュニティ政策学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 社会福祉学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/09
形態種別 学術論文
標題 身体的応答性へのトレーニングとしてのグループワーク――相互作用水準のコミュニケーションに着目して――
執筆形態 単著
掲載誌名 淑徳大学大学院総合福祉研究科紀要
掲載区分国内
出版社・発行元 淑徳大学大学院総合福祉研究科
巻・号・頁 26,71-86頁
概要 対人援助職をめざす者にとって人間関係は切り離せない。人間関係を学ぶ教育手法の一つとしてグループワークが有する意義は、「応答的身体性」の経験を積む点にある。「応答的身体性」のためには、「見ること」「聞くこと」「話すこと」が関係化された身体としてなされているかが問われる。応答的身体性への変容は、グループの変容と連動し、相互人格化と連動している。