イワキリ ユタカ   IWAKIRI YUTAKA
  岩切 裕
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/06
形態種別 著書
標題 中学校 社会科授業のリ・デザイン(新しい授業づくりと絶対評価)
執筆形態 共著
掲載誌名 社会科授業改善研究会(著)
出版社・発行元 東洋館出版社
巻・号・頁 17~19頁
概要 ・新しい学習指導要領の趣旨を踏まえた社会科学習の在り方を探り、社会科としての独自性と有用性の発揮に向けて、授業改善の必要性や評価方法の工夫改善の取り組みについて提言した。
・特に新設された「総合的な学習の時間」と社会科との関わりを中心に、社会科の新しい授業モデルなど実践例等を紹介した。
・執筆部分要旨
歴史的分野の指導の現状として、「知識を獲得する力に比べ、歴史的事象を追究する力や判断力に欠けている」現状を指摘し、それを克服し「生徒の持つ断片的な歴史意識から科学的で豊かな歴史意識へと高めていく」ことを指摘した。また、歴史学習への今日的課題として、「実施可能な年間授業時数に対応した年間指導計画の作成」「近現代史の重視と「身近な地域」への着目」「小・中・高を通した指導内容の系統性の確保」等を指摘した。
・監修:長谷川 浩・工藤 文三
・共著者 飛鳥井航一・石橋一夫・岩切裕・河井信利・硲茂樹・奈良明他
・執筆担当分は第1章2(P14-20) 
・編集担当、2版発行