ハタエ ミカ   Hatae Mika
  畑江 美佳
   所属   淑徳大学  高等教育研究開発センター 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 学術論文
標題 外国語活動における文字導入の適期と方法に関する研究-小・中接続カリキュラムを視野に入れて-
執筆形態 単著
掲載誌名 鳴門英語研究
掲載区分国内
出版社・発行元 鳴門教育大学英語教育学会
巻・号・頁 (24),1-14頁
概要 外国語活動での文字の取扱いに関しては,「児童の学習負担に配慮しつつ,音声によるコミュニケーションを補助するもの」と位置付けられている。そのため,中学校で始まる文字学習との間の「文字の壁」が存在する。しかし,小学校で今後,教科化されることも示唆されており,小学校から文字を導入することの妥当性が検討されるべきである。小学校で音声のみを指導され,中学校から文字を指導された場合,「聞く」「読む」でそれぞれで異なった音声・音韻表象を作ってしまうことに言及し,初期段階からの音声と文字との同時インプットを提案した。