カナマル トモミ   
  金丸 智美
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 実践心理学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/12
形態種別 学術論文
標題 2歳児の母親からの分離プロセスの個人差と母親の分離意識
執筆形態 単著
掲載誌名 家庭教育研究所紀要
巻・号・頁 (34),101-114頁
概要 教室場面において2歳児(76名)が母親から分離するプロセスの個人差を5つのタイプに分類し、各タイプの特徴を子どもの月齢、発達状態、気質、親子関係から分析した。その結果発達状態については「安定分離型」よりも「過分離型」と「不分離型」が低く、親子関係については「過分離型」で母親を安全基地としていないことが明らかになった。また、母親の分離不安は子どもの分離が不安定な母親のほうが高いことを明らかにし、親子関係調整への示唆を得た。