コウノ ヨウコ   KOHNO YOKO
  河野 洋子
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
    淑徳大学大学院  看護学研究科 看護学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/07
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 更年期症状による心理社会的側面への影響(第1報)-更年期女性の心理的なつらさの実態、因子構造および関連要因について-
執筆形態 単著
掲載誌名 日本母性看護学会
巻・号・頁 Vol.2(No.1),9~17頁
著者・共著者 著者:河野洋子
概要 日本私立看護系大学協会の看護学研究奨励賞を受賞。更年期症状の出現による心理社会的側面への影響を明らかにするため、更年期症状を有する女性129人を対象に、自己記入式質問紙法にて調査を行い、本稿では日常生活の中で感じる心理的なつらさについて、その実態、因子構造及び関連要因を分析した。その結果、更年期症状が重症なほど心理的つらさが有意に強く、心理的なつらさの因子分析では、『気力の低下』『将来へのマイナスイメージ』『悲観的思考パターン』の3因子が抽出された。関連要因の分析も行い、更年期女性のQOLの向上に寄与するための生活指導のあり方を考察した。