カミジョウ マキオ   kamijyo makio
  上條 眞紀夫
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/05
形態種別 著書
標題 水泳の授業(その2)
執筆形態 共著
掲載誌名 体育科教育別冊
出版社・発行元 大修館書店
著者・共著者 月野 宰子 稲田真介 飯島俊之 鈴木智光 村田斎
概要 第Ⅰ章 水泳の技術の指導
2.技術の系統
(2)近代泳法
①クロール (P.44~P.53)
学校水泳の水泳指導の中心である「バタ足からクロールへ発展させる泳法指導」の進め方を解説している。クロールの技術だけでなく、グループの活動のさせ方、プールの使い方なども取り上げ、授業にすぐ生かせる展開例をねらって構成した。
④背泳ぎ  (P.64~P.69)
背浮きから水慣れをし、背泳へつなげていく指導の系統を示した。背浮きは呼吸が確保できる利点があることから、こうした指導も織り交ぜることで、水泳の様々な運動感覚が身につくことをねらった。
⑤スタート・ターン (P.68~P.69)
早く泳げるようになった子たちに安全に飛び込み(スタート)、ターンの技術を指導するスモールステップで紹介した。