イケハタ ミエコ   IKEHATA MIEKO
  池畑 美恵子
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2002/09/15
発表テーマ 障害児の常同行動に対する発達臨床的研究(7)─施設入所者を対象とした常同行動類型の検討─
発表学会名 日本特殊教育学会第40回大会 上越教育大学
主催者 日本特殊教育学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 単独
開催地名 上越教育大学
概要 青年期発達障害者の常同行動を、対象者の発達評価とあわせて検討し、臨床類型として整理することを目的とした。前報(3)において示した4群の指標を用いて、知的障害児施設に入所する36名の発達評価と常同行動の特徴を分析した。結果、類型A全場面ー自己対象型が5名、類型B特定事物ー感覚固執型が9名、類型C一時的外界遮断ー同一性保持型が5名、低頻度ー常同表現型が4名となった。常同行動の質的側面に注目し、対応を整理する重要性を指摘した。