ホンダ トシアキ   HONDA TOSHIAKI
  本多 敏明
   所属   淑徳大学  コミュニティ政策学部 コミュニティ政策学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 社会福祉学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2009/06
発表テーマ 応答する受動態としての援助者――「当事者の時代」における専門職者の役割――
発表学会名 第19回淑徳大学社会福祉学会大会自由報告
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 淑徳大学
概要 上野千鶴子・中西正司によって提唱された「当事者主権」が「専門職者への抵抗」として語られている点に疑義を呈し、当事者主権を支えうる専門職者のあり方を、ニクラス・ルーマンのコミュニケーションの考え方を基軸にして追求した。対人援助の専門職者は、コミュニケーションにおける「送り手」として専門知識・技術を伝達する役割が重要であるが、そうした役割はコミュニケーションにおける「受け手」としてクライアントの声を聴いて応えることによって初めて可能になる。そうした「応答する受動態」としてのありようが当事者主権を支えうる可能性を探った。