アソ ナミ   
  阿曽 菜美
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 栄養学科
   職種   講師
発表年月日 2021/02
発表テーマ 甘味と脂質に対する感受性に気分状態と一過性ストレスが与える影響
発表学会名 第21回千葉県栄養改善学会
主催者 千葉県栄養改善学会
学会区分 全国学会
発表形式 その他
単独共同区分 単独
開催地名 オンライン・誌上開催
発表者・共同発表者 阿曽(染矢)菜美.
概要 ネガティブな気分状態を表す総合的気分状態(TMD)得点より,被験者を高TMD群および低TMD群に分け,一過性ストレスの前後における脂質と甘味に対する感受性および嗜好性を評価した.その結果,高TMD群において,高濃度の甘味や脂肪味に対する主観的強度が低下している一方,嗜好性が上昇していることが示された.このことは,ネガティブな気分状態では甘味や脂肪味に鈍感になり,より強い甘味や脂肪味を好ましく感じるようになる可能性を示唆している.一方,精神作業の前後では,主観的強度および嗜好性の変化は見られず,一過性のストレスよりも,過去一週間程度の気分状態の方が,味覚や嗜好に影響を与える可能性が示唆された.研究計画の立案,データ取得・解析,ポスター作成・発表を担当した.