アソ ナミ   
  阿曽 菜美
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 栄養学科
   職種   講師
発表年月日 2015/03
発表テーマ Effect of mental task and daily eating behavior on preference to fat and sweet taste in young females.
発表学会名 第120回日本解剖学会総会・学術集会/第92回日本生理学会大会合同大会.
主催者 日本解剖学会/日本生理学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(基調)
単独共同区分 単独
開催地名 神戸国際会議場・展示場,兵庫
発表者・共同発表者 Someya N.
概要 「シンポジウム22:周産期ストレスと脳機能」において,精神作業と食行動が脂質と甘味に対する嗜好性に与える影響について発表した.女子大学生を対象とした研究において,BMIが低い者ほど脂質に対する嗜好性が高いことを示した.また,ストレスが負荷された場合には,BMIが高い者ほど脂質に対する嗜好性が増加することを明らかにした.研究計画の立案,結果の解析および考察,英語での口頭発表を担当した.