アソ ナミ   
  阿曽 菜美
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 栄養学科
   職種   講師
発表年月日 2011/09
発表テーマ ストレス誘発性の摂食行動と情動および活動性の関連.
発表学会名 第34回日本神経科学大会
主催者 日本神経科学
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 横浜
発表者・共同発表者 染矢菜美,成清公弥,増田明,粟生修司.
概要 テイルピンチにより,ラットの摂食行動が促進することが知られている.この摂食行動の促進と,ラットの情動特性との関連について評価するために,テイルピンチ後に積極的に摂食行動を示した群(R)と示さなかった群(NR)に分類し,行動を比較した.その結果,R群では,不安が低いラットほど,摂食量が少ないことが示された.またNR群では,テイルピンチ後の活動が減少することが示された.これらのことから,情動特性によりストレス性の摂食が変化すること,また摂食により行動特性が変化することが示唆された.研究計画の立案,データの収集および解析,結果の考察,英語でのポスター発表を担当した.