アソ ナミ   
  阿曽 菜美
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 栄養学科
   職種   講師
発表年月日 2011/02
発表テーマ 摂食制限はラットの過食応答を増悪させる.
発表学会名 第50回日本心身医学九州地方会
主催者 日本心身医学
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(基調)
単独共同区分 共同
開催地名 福岡
発表者・共同発表者 成清公弥,染矢菜美,粟生修司.
概要 摂食制限が過食に及ぼす影響を,ラットの油脂過食モデルおよびストレス性過食モデルで検討した.油脂過食モデルでは,通常の餌を自由に与えた状態で,油脂を1日1時間の制限で与えた.ストレス性過食モデルでは,テイルピンチを行い,その後30分間および一晩の摂食量を測定した.6日間の油脂制限摂食により,油脂摂食量は初日と比べて倍増した.テイルピンチ後30分間に摂食を制限すると,テイルピンチ後に摂食を行った群と比較して一晩の摂食量が増加した.以上のことから,摂食制限が過食を引き起こす原因となる可能性が示唆された.ストレス性過食の実験,口頭発表を担当した.