サトウ ムツコ   
  佐藤 睦子
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
   職種   准教授
発表年月日 2014/10
発表テーマ 東日本大震災発災後に全国から派遣された保健師が実施した地域保健活動の実態に関する調査研究
発表学会名 第72回日本公衆衛生学会総会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 横山美江,平野かよ子,佐藤眞理,阿部亜希子,上林美保子,岸恵美子,黒田裕子,佐藤睦子,中板育美,福島富士子
概要 【目的】東日本大震災時に被災3県から派遣された保健師の保健活動の実態明確化【方法】無記名自記式調査の実施と分析【結果】派遣保健師の年齢は平均45.2±9.4歳,派遣平均日数は,7.98±9.99日。勤務年数は20年以上30年未満が37.4%,派遣地は宮城県が51.0%,派遣先は市町村が88.3%。チーム体制は保健師,事務職,医師,運転手等の平均4.2±2.6名だった。平均勤務時間は8時間以上10時間未満が47.5%,支援先は避難所が76.6%,在宅避難者支援が50.9%だった。