サトウ ムツコ   
  佐藤 睦子
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
   職種   准教授
発表年月日 2013/10
発表テーマ 東日本大震災時の地域母子保健活動の実態と課題(第3報)
発表学会名 第72回日本公衆衛生学会総会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 黒田裕子,佐藤睦子,中板育美,福島富士子,佐藤眞理,阿部亜希子,上林美保子,岸恵美子,横山美江,平野かよ子
概要 【目的】東日本大震災時のC県内母子保健活動と災害時の課題明確化【方法】県内母子保健担当保健師に対する半構成面接結果の質的分析【結果】原発事故による避難指示,放射線被害状況で活動内容に差異があった。【考察】災害時母子保健活動は1.情報管理システム再考2.体制の構築制度・技術面再考3. 有事の行政区域外避難を想定した事務処理の柔軟化や統一化4. 住民が主体的に行動できる力量支援5. 市町村保健師の平時ソーシャルキャピタル醸成6. 保健所保健師はニーズ把握,支援優先度の判断と施策化7. 対策本部へ積極的参画の重要性が示唆された。