サトウ ムツコ   
  佐藤 睦子
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
   職種   准教授
発表年月日 2007/10
発表テーマ 「育児支援家庭訪問事業」による児童虐待の発生予防・進行防止の可能性(第2報)
発表学会名 第66回日本公衆衛生学会総会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 但馬 直子, 中板 育美, 藤原 千秋, 横森 喜久美, 渡辺 好恵, 吉原 恭子, 佐藤 睦子
概要 【方法】第一報を福祉と保健に分類し統計的検定を実施【結果】実施者は福祉「事務職」,保健「保健師」が有意に高い。周知方法は福祉で「広報やポスター」保健は「母子保健手帳交付時」が有意に高かった。両部門とも日常的に関与する機関紹介が主だった。職員が機会を捉え,要支援家族の早期発見,関係機関協働を支援する本事業の目標は未到達と考えられた。「支援を希求しないが支援が必要な人」が対象で調整能力や質の高い支援技術が必要で,適切な人員配置,研修及びフォロー体制の充実が望まれる。