マキノ ミユキ   
  牧野 美幸
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
   職種   准教授
発表年月日 2006/11
発表テーマ 生活行動援助に関わる使用感 その1 全体的傾向について
発表学会名 日本看護技術学会第5回学術集会
単独共同区分 共同
開催地名 於岡山コンベンションセンター
発表者・共同発表者 共著者:朝倉美奈,植村由美子,牧野美幸,川守田千秋,山口由子,水戸優子,相馬朝江
概要 清潔・排泄・移動の日常生活行動援助に用いる主な看護用具の使用経験と使用感の特徴を明らかにし、改良・開発の示唆を得ることを目的に、同一県内200床以上の経験年数3年目以上の看護師を対象に、4段階評価によるアンケート調査(郵送法)を行った。その結果、全体的にはっきり優劣を示す回答は尐なく、殆どが「やや優れている」「やや劣っている」に回答する傾向であった。「優れている」が再頻値を示したのは、「洗浄用ボトル」などの操作性であり、「やや劣っている」「劣っている」の主なものは、「洗髪車」などの環境性であった。本人担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能