マキノ ミユキ   
  牧野 美幸
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
   職種   准教授
発表年月日 2009/09
発表テーマ Experience of nursingfacing unexpected situation during nursingskills training asingsimulated patient
発表学会名 The1st InternationalNursing ResearchConferesknce of WordAcademy of NursingScience
単独共同区分 共同
開催地名 於神戸
発表者・共同発表者 共著者:水戸優子, 大石朊子, 小山眞理子, 間瀬由記, 野崎真奈美, 屋宜譜美子, 牧野美幸,三浦由紀子, 蜂ヶ崎令子
概要 この研究は、模擬患者を伴う予測できない経験を述べることを目指し、何故看護学生がそれらの経験に遭遇するのかを分析し、それらの困難さから回復するための方法を明らかにすることを目的とした。方法として、模擬患者に対して学生が看護技術を提供した後、模擬患者を伴う学生の経験に関して、同じ構成のインタビューガイドを用いたインタビューからデータを収集した。その結果、学生が難しさを感じた状況の例は、模擬患者とコミュニケーションを行おうとしたときであり、模擬患者の不具合な手足を最もよく機能させながら模擬患者を車椅子へ患者を移動させようとしたときであった。何故学生が模擬患者の特徴を含む予期せぬ経験を持つのかという理由は、複雑な疾病を持つ患者の実践経験が限られていることや、性別の問題であった。移動の方法は、直ちに模擬患者から詳細な情報を集めたものであり、過去に類似した経験を基にした行為だった。学生は患者の状況をイメージすることが出来、学生の予測を基にした看護技術を提供することが出来るため、看護学生に対し明確な教えを提供することが必要である。本人担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能