マキノ ミユキ   
  牧野 美幸
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
   職種   准教授
発表年月日 2009/09
発表テーマ Evaluation of anintegrated teaching-learning program forteaching nursing skillsin a clinical laboratory
発表学会名 The1st InternationalNursing ResearchConferesknce of WordAcademy of NursingScience
単独共同区分 共同
開催地名 於神戸
発表者・共同発表者 共著者: 小山眞理子, 間瀬由記, 水戸優子,大石朊子, 屋宜譜美子, 野崎真奈美, 牧野美幸, 三浦由紀子, 蜂ヶ崎令子
概要 (概要続き)その結果、ほとんどの学生に対し、状況に基づく技術学習は、とても効果的であり、彼女達が共同した動きをするのを促し、臨床状況の視覚化を促進した。すべての学生は模擬患者は効果的であると指摘したが、患者からの予期せぬ反応は、応ずるのが難しいと述べていた。さらに、初年度の学生は、実際の患者をイメージすることに難しさを感じていた。しかしなから、DVDを用いるとその問題は解決した。技術評価に対するDVDや模擬を用いた状況に基づいた学習は、模擬の病院ケアに基づく臨床技術を教授するのに効果的であった。本人担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能