フジモリ ユウスケ   FUJIMORI YUUSHUKE
  藤森 雄介
   所属   淑徳大学  アジア国際社会福祉研究所 所属
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 社会福祉学専攻
   職種   教授
発表年月日 1999/06
発表テーマ 「共生」の提唱・実践者椎尾弁匡に関する先行研究について
発表学会名 第9回淑徳大学社会 福祉学会大会
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
概要 浄土宗僧侶椎尾弁匡は、明治・大正・昭和にまたがって仏教の社会化に尽力し、その生涯において様々な活躍をされた人物であるが、近年では「共生」を「ともいき」と読み、浄土宗門及び仏教寺院の社会化を重視しつつ、地域に根ざした仏教社会事業実践等を行った「共生」運動の提唱・実践者としても知られている。しかし一方、史資料等に基づいたその実践活動の実態そのものは、必ずしも明らかにされていないと考えられる。本発表では、椎尾弁匡に関する先行研究の整理を行うとともに、その現状と課題の明確化を試みている。