アサクラ ハルミ   ASAKURA HARUMI
  朝倉 はるみ
   所属   淑徳大学  経営学部 観光経営学科
   職種   教授
発表年月日 2017/12/03
発表テーマ 観光地のリジリエンシー向上に向けた事業継続計画(BCP)に関する研究― 観光地BCP策定に向けた留意点の考察 ―
発表学会名 日本観光研究学会第32回全国大会
主催者 日本観光研究学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 石川県金沢市(星陵大学)
発表者・共同発表者 朝倉はるみ
概要 日本では毎年自然災害が発生しており、企業の危機管理手段として事業継続計画(BCP)への関心が高まっている。観光地は複数の企業・組織が存在する緩やかな連合体といえ、一体的な経営が必要である。そこで、観光地単位でBCPを策定することは観光地の経営戦略であり、自然災害発生後の迅速な復旧・復興のためには有効である。長野県白馬村のように、観光地BCP策定への取り組みが始まっていることから、企業・組織のBCP策定手法を参考に、観光地BCP策定に向けた留意点を考察した。