ノダ ヨウコ   NODA YOKO
  野田 陽子
   所属   淑徳大学  地域創生学部 地域創生学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 社会福祉学専攻
   職種   教授
発表年月日 1998/09
発表テーマ 中・高生の偏差値観
発表学会名 日本社会病理学会 第14回大会(於 大正大学)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 日本・東京
概要 教育の領域で用いられている偏差値は、生徒個人の学力の判定基準とし てであれ、高校・大学等の入学試験における合格難易度の判定基準とし てであれ、試験制度と進級制度に事実上拘束される教育的活動のもとで は、つねに有用性の次元が拡大解釈され、対象をトータルに評価する価 値基準として排他的に作用する可能性を孕んでいる。このような偏差値 がもつ価値の増殖状況を、中・高生の偏差値観をとおして分析した。