カミジョウ マキオ   kamijyo makio
  上條 眞紀夫
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
   職種   准教授
項目区分 教育方法の実践例
期間 1987/04~2011/03
事項 体育授業における「体育ノート」の活用
概要 体育授業において、実技が出来るだけでなく、運動が「わかり」「できる」子どもを育てるために、体育ノートを使用し、子どもの運動に対する認知力の向上を図った。このことによって、子どもは運動をどうしたら出来るようになるか、どんなきまりや原則があるんなど、運動に対しての視野を広げることが出来た。体育ノートは技能課題についてだけではなく、児童の人間関係についての課題や授業以外の運動課題への取り組みなどについても記述され、児童の関心・意欲・態度を把握することが出来た。