カミジョウ マキオ   kamijyo makio
  上條 眞紀夫
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
   職種   准教授
項目区分 教育方法の実践例
期間 1991/04~2011/03
事項 体育ノートを活用した児童の意欲を喚起する双方向的な授業評価の実践
概要 体育ノートによって単元過程における子どもの感想などから、学習に対しての意欲や意識を調査するとともに、単元終了後に子どもの技能到達度評価・感想文による意識調査・アンケートによる授業評価を行い、指導の成果と課題を検証するとともに、子どもの次時への課題をつかませた。体育ノートによる毎時間のフィードバックにより、児童は次時の課題を明確に把握することが出来、意欲的に体育学習に取り組むことが出来た。