イケハタ ミエコ   IKEHATA MIEKO
  池畑 美恵子
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2008/11
発表テーマ 個別と集団アプローチの機能と役割
会議名 淑徳大学公開講座
主催者 淑徳大学エクステンションセンター
開催地名 淑徳大学エクステンションセンター
会議区分 その他
講演区分 講師
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 宇佐川浩
概要 淑徳大学発達臨床研究センターの理論と実践と題した公開講座において、感覚と運動の高次化理論にもとづく障害療育の実際を講演した。本プログラムでは、障害児支援における個別的アプローチと集団的アプローチそれぞれの利点と配慮点を述べたうえで、特に集団的アプローチの展開について、発達段階の異なる4つのグループの[構成メンバーの特徴][活動のねらい][場面の構造][使用する教材、アクティヴィティの特徴][進行の配慮とThのかかわり方]を実際の指導DVDを使いながら講義を行った。