タカナシ ミヨコ   miyoko takanashi
  髙梨 美代子
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 社会福祉学科
   職種   助教
 学歴
1. 1995/04~1999/03 日本社会事業大学 社会福祉学部 卒業
2. 2013/04~2016/03 淑徳大学 総合福祉研究科 修士課程修了 修士(社会福祉学)
 現在の専門分野
キーワード:社会科学, 社会学, 社会福祉学 (キーワード:ソーシャルワーク論、地域を基盤とした医療福祉支援体制、スーパービジョン) 
 所属学会
1. 1999/04~ 医療社会福祉学会
2. 1999/04~ 千葉県医療社会事業協会
3. 2016/10~ 日本社会福祉学会
4. 2016/10~ 日本地域福祉学会
5. 2018/10~ 淑徳大学社会福祉学会
 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2021/03/31 保健医療機関実習報告書(第12号)および報告会
2. 2022/03/31 保健医療機関実習報告書(第13号)および報告会
●作成した教科書、教材
1. 2016/02/25 ソーシャルワーク実践事例集(書籍 再掲)
2. 2021/03/30 学びが深まるソーシャルワーク演習(書籍 再掲)
3. 2021/03/30 学びが深まるソーシャルワーク実習(書籍 再掲)
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(14件)
 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2010/04/01~2012/03/31 千葉県高次脳機能障害支援事業(安房地域)委員
2. 2022/04/01~ 市原市地域福祉計画策定会長
●その他職務上特記すべき事項
1. 2011/03 社会福祉法人鴨川市社会福祉協議会地域福祉活動計画-第1期-計画作成主担当
2. 2011/03 平成21~23年度安心生活創造事業「なのはなプラン」事業報告書
3. 2020/04 市原市地域福祉計画ワークショップ報告書
 著書・論文歴
1. 著書  コミュニティソーシャルワークの理論と実践 (共著) 2014/11
2. 著書  地域包括ケアの実践と展望‐先進的地域の取り組みから学ぶ― (共著) 2014/12
3. 著書  コミュニティソーシャルワークの理論と実践 (共著) 2015/01
4. 著書  ソーシャルワーク実践事例集 (共著) 2016/02
5. 著書  学びが深まるソーシャルワーク演習 (共著) 2021/03
全件表示(12件)
 講師・講演
1. 2012/03 厚生労働省社会援護局主催全国会議 「安心生活創造事業の取り組み(鴨川市)」(東京都)
2. 2013/08 千葉県コミュニティソーシャルワーク養成研修 地域福祉活動計画策定の取り組み
3. 2013/12 安心・継続して暮らせる地域作りに 向けた取り組み~つなぐ・つなげる・ つながる~
4. 2016/09 包括的な相談支援体制構築~行政の立場~
5. 2017/02 サポート力を高める地域づくり―鴨川市の変遷から読み解く~
全件表示(12件)
 学会発表
1. 2000/11 透析患者の通院に関する一考察(千葉県透析研究会)
2. 2005/05 在院日数に影響を及ぼす因子についての考察~3年間4000症例の検討から~(日本医療社会事業全国大会)
3. 2007/08 医療資源をあやつる(家庭医学会)
4. 2013/03 厚生労働省社会・援護局主催地域福祉推進市町村モデル事業「安心生活創造事業の取り組み」(鴨川市)(厚生労働省安心生活創造事業全国会議)
5. 2013/11 地域密着型の福祉教育の取り組み~地域がつながる仕組みづくり~(千葉県医療社会事業協会実践・研究発表大会)
全件表示(6件)