タケナカ トオル   
  竹中 徹
   所属   淑徳大学  経営学部 経営学科
   職種   教授
 学歴
1. 1990/04~1995/03 大阪市立大学 商学部 卒業
2. 1995/04~1998/03 大阪市立大学大学院 経営学研究科 会計情報論専攻 修士課程修了
3. 2001/04~2004/03 大阪市立大学大学院 経済学研究科 会計情報論専攻 博士課程単位取得満期退学
 所属学会
1. 中小企業会計学会
2. 日本会計教育学会
3. 日本会計研究学会
4. 日本会計理論学会
5. 日本経営会計学会
全件表示(7件)
 著書・論文歴
1. 著書  複式簿記の理論と計算 (共著) 2012/04
2. 著書  複式簿記の理論と計算 問題集 (共著) 2012/04
3. 著書  会計のリラティヴィゼーション (共著) 2014/03
4. 著書  工業簿記の基礎問題集 (共著) 2015/03
5. 著書  簿記の基礎テキスト (共著) 2015/05
全件表示(12件)
 学会発表
1. 2004/08 キャッシュフローヘッジにおけるリサイクルの特質-SFAS133を素材としつつ(日本簿記学会第6回 大学院生簿記会計研究報告大会(岡山商科大学))
2. 2006/10 資産評価の今日的問題―金融商品を巡って(大阪経済法科大学経済研究所)
3. 2012/10 中小企業を巡る会計ルール併存の含意(日本会計理論学会第28回全国大会自由論題報告(東京経済大学))
4. 2014/08 小規模非営利団体を活用した実践的簿記教育の可能性(日本簿記学会第30回全国大会自由論題報告(神戸大学))
5. 2015/06 災害復旧・復興期における非営利団体の持続可能性に関する一考察(日本経営会計学会第16回全国研究発表大会自由論題報告(長崎県立大学))
全件表示(7件)