ワタナベ タエコ   Taeko Watanabe
  渡邉 多恵子
   所属   淑徳大学  看護栄養学部 看護学科
    淑徳大学大学院  看護学研究科 看護学専攻
   職種   教授
 学歴
1. 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 看護科学専攻 修士課程修了 修士(看護科学)
2. 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 看護科学専攻 博士課程修了 博士(看護科学)
 所属学会
1. 2005/04~ 日本公衆衛生学会
2. 2006/04~ 日本思春期学会
3. 2009/04~ ∟ 幹事
4. 2012/04~ ∟ 査読委員
5. 2007/04~ 日本小児保健協会
全件表示(16件)
 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2009/12 教科書「看護・医療系の調査研究エッセンス」医学書院(再掲)
2. 2018/04~ 新・基礎からの社会福祉 7・子ども家庭福祉[第2版](再掲)
3. 2019/03~ 保健の実践科学シリーズ「学校看護学」第2版(再掲)
 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2010/04~ 保育パワーアップ研究会ホームページの作成、運営
2. 2012/04~ 健康長寿コホート研究ホームページの作成,運営
3. 2012/04~ 発達コホート研究ホームページの作成,運営
4. 2013/04~ 国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究センター 研究成果実装支援プログラム プログラムアドバイザー
5. 2017/04~ 日本産前産後ケア・子育て支援学会ホームページの作成、運営、広報活動担当
 著書・論文歴
1. 著書  健康長寿エンパワメント (共著) 2007/08
2. 著書  保育パワーアップ講座活用編 (共著) 2008/10
3. 著書  気になる子どもの早期発見・早期支援 (共著) 2009/10
4. 著書  看護・医療系の調査研究エッセンス (共著) 2009/12
5. 著書  ヒューマンサービスにおけるグループインタビュー法Ⅲ-科学的根拠に基づく質的研究法の展開-/論文作成編 (共著) 2010/04
全件表示(75件)
 講師・講演
1. 2012/02 量的研究の実際:質問票の作りかた~分析まで(東京)
2. 2013/09 問いをたて,質問紙をつくり,データを集め,処理する方法(東京)
3. 2015/09 研究への心構え、質的研究と量的研究(東京)
4. 2017/09 保育専門職とのパートナーシップによる養育者支援(福井)
5. 2018/03 Rを用いたデータ解析の基礎
全件表示(6件)
 学会発表
1. 2006/08 ウェブを活用した思春期等相談活動に関する研究(第25回 日本思春期学会)
2. 2006/10 妊娠届け出時に集積すべき問診情報に関する研究(第65回 日本公衆衛生学会)
3. 2006/11 健やか親子21中間評価のための母性健康管理指導事項連絡カード認識率調査-自由記載分析-(第47回 日本母性衛生学会)
4. 2007/08 インターネットを活用した性感染症予防啓発活動に関する研究(第26回 日本思春期学会)
5. 2007/09 EPDS得点の分散と関連因子に関する研究(第54回 日本小児保健学会)
全件表示(45件)