ヤマモト イサオ   YAMAMOTO ISAO
  山本 功
   所属   淑徳大学  コミュニティ政策学部 コミュニティ政策学科
   職種   教授
 学歴
1. 1986/04~1990/03 千葉大学 文学部 行動科学科社会学専攻 卒業
2. 1991/04~1994/03 中央大学大学院 文学研究科 社会学専攻博士前期課程 博士課程単位取得満期退学 修士(社会学)
3. 1994/04~1997/03 中央大学大学院 文学研究科 社会学専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
4. ~1986/03 秋田県立大館鳳鳴高等学校 普通科 卒業
 現在の専門分野
社会学 
 所属学会
1. 1993/05~ 日本犯罪社会学会
2. 1994/07~1999/12 日本犯罪社会学会
3. 1995/05~ 日本社会学会
4. 1996/04~2006/03 現代社会理論研究会
5. 1999/05~ 日本被害者学会
全件表示(18件)
 著書・論文歴
1. 著書  若者のライフスタイル (共著) 1998/04
2. 著書  社会病理学の基礎理論(社会病理学講座第1巻) (共著) 2004/02
3. 著書  病める関係性-ミクロ社会の病理-(社会病理学講座第3巻) (共著) 2004/02
4. 著書  よくわかる犯罪社会学入門 (共著) 2004/11
5. 著書  テキスト社会学 (共著) 2007/03
全件表示(27件)
 講師・講演
1. 2010/10 授業「司法福祉」を担当して気になったいくつか -犯罪社会学の立場から-(大正大学、東京)
2. 2013/11 ふたつの犯罪社会学(東京)
3. 2016/01 大人と子どもはどう違う?(浦安市)
4. 2016/10 犯罪をみる3つの人間観 -性善、性悪、白紙-(千葉市)
5. 2017/06 コミュニティと安全安心まちづくり
 学会発表
1. 1993/10/03 有害コミック規制運動の展開 -東京都区内を事例として-(第20回日本犯罪社会学会大会)
2. 1995/09/23 クレイム申し立て活動とアリーナ-「有害コミック」問題を事例に(第68回日本社会学会大会)
3. 1999/08/07 Legislation on Sexual Misconduct in Tokyo and the Rhetoric of Victimization(The Society for the Study of Social Problems)
4. 1999/10/23 <被害者>というレトリック -援助交際と青少年条例-(第26回日本犯罪社会学会大会 シンポジウム「犯罪社会学分野における構築主義社会問題研究」)
5. 1999/10/23 消費者被害の要因分析(第26回日本犯罪社会学会大会)
全件表示(29件)