タナカ トシオ   
  田中 寿夫
   所属   淑徳大学  総合福祉学部 教育福祉学科
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻
   職種   助教
 学歴
1. 2000/04~2004/03 淑徳大学 社会学部 卒業 学士(社会学)
2. 2004/04~2006/03 淑徳大学大学院 社会学研究科 心理学専攻 修士課程修了 修士(心理学)
3. 2010/04~2015/03 淑徳大学大学院 総合福祉研究科 博士課程修了 博士(社会福祉学)
 現在の専門分野
臨床心理学 
 所属学会
1. 2007/04~ 日本心理臨床学会
2. 2010/04~ 日本ヒューマン・ケア心理学会
3. 2012/05~ 日本カウンセリング学会
4. 2017/04~ 日本心理学会
5. 2019/08~ 日本質的心理学会
全件表示(6件)
 著書・論文歴
1. 著書  実践的な心理学の学びかた-学びを通して成長する-(第12章「質的研究の研究計画と方法」担当。) (共著) 2016/03
2. 論文  ラポール形成を規定する要因としてのメタ情動の検討--ロールプレイ場面におけるセラピスト役の共感に着目して (単著) 2008/03
3. 論文  信頼が報われる条件 (共著) 2009/06
4. 論文  レジリエンス要因としての信頼感の検討 : 精神的回復力と対人的信頼感・一般的信頼との比較から (単著) 2012/03
5. 論文  心理療法場面における共感についての実証的研究の概観と展望:共感概念の体系モデルを用いて (単著) 2015/03
全件表示(8件)
 学会発表
1. 2004 信頼の自己成就機能に関する探索的研究(日本社会心理学会第45回大会)
2. 2009 怒りの表出:ダブルバインドvs.ストレート表現(日本社会心理学会第50回・日本グループダイナミックス学会第56回大会合同大会)
3. 2010 会話の先読み応答発話が共感認識に与える影響の数量化(日本ヒューマン・ケア心理学会第12回大会)
4. 2011 レジリエンス要因としての信頼感の検討―一般的信頼と精神的回復力の比較から―(日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第13回大会)
5. 2011 レジリエンス要因としての信頼感の検討―対人的信頼感と精神的回復力の比較から―(日本感情心理学会第 19 回大会・日本パーソナリティ心理学会第20 回大会)
全件表示(20件)